鼻の黒ずみの原因

鼻の黒ずみには様々な原因があるのです。

メニュー

鼻の黒ずみの原因

鼻の黒ずみの原因

 

原因に合った対策が必要

 

ふと気がつくと、いつのまにか鼻が黒ずんでいたということがあるものです。慌てて肌ケアを始めたとしても、なかなか解消されないものです。

 

なぜなら、ひとくちに「鼻の黒ずみ」と言っても、原因はさまざまだからです。

 

原因に合った、適切な対策をとらなければ、いつまでたってもきれいに解消されることはありません。

 

つまり、鼻の黒ずみを解消するためには、まず、どのようなことによって鼻の黒ずみが引き起こされるのかを知っておくことが大事なのです。

 

ここでは、鼻が黒ずむ原因について解説していきましょう。

 

▼毛穴の汚れ

 

鼻の黒ずみの原因として真っ先に挙げられるのは、何といっても、毛穴に詰まった皮脂や角栓、メイクの残りなどの汚れです。

 

鼻というのは、皮脂の分泌量が非常に多い部分です。よく、鼻がテカッてしまうのは、そのためなのです。

 

分泌された皮脂は、皮膚の表面の古い角質と混ざり合って「角栓」と呼ばれる塊になり、それが空気に触れることで酸化して黒く変色します。これが、鼻の黒ずみや黒いポツポツの正体なのです。

 

▼お肌の乾燥

 

鼻の黒ずみの最大の原因は皮脂ですが、逆にお肌の乾燥も鼻の黒ずみを引き起こす原因となります。

 

なぜなら、お肌の水分が不足すると、それを補うために、より多くの皮脂が分泌されるようになり、古い角質と混ざり合って角栓ができてしまい、それが酸化して黒くなって、鼻の黒ずみとなってしまうからです。

 

▼偏った食生活

 

栄養バランスが崩れていたり、食事の時間が不規則だったりという、食生活の乱れが鼻の黒ずみを引き起こす原因になることがあります。

 

肉類はもちろん、ファストフード、スナック菓子など脂分の多い食べ物を頻繁に摂っていると、その脂分が皮脂となって分泌されるため、古い角質と結びついて角栓となり、毛穴を詰まらせ、鼻の黒ずみとなってしまいます。

 

▼睡眠不足

 

深夜まで起きていると睡眠不足になりがちです。こうなるとホルモンのバランスが崩れて身体のさまざまな機能が正常に働かなくなります。

 

そのため、ターンオーバー(皮膚の再生)サイクルが乱れたり、皮脂が過剰に分泌されるようになり、鼻が黒ずんでしまうことになります。

 

▼運動不足

 

運動不足になると代謝が悪くなり、老廃物や毒素を体内に溜め込んでしまい、鼻の黒ずみを生じさせてしまいます。

 

▼過重なストレス

 

仕事や人間関係などによるストレスが溜まると、自律神経のバランスが崩れて、身体の機能が正常に働かなくなり、毛穴が正常に開かなくなってしまいます。また、ホルモンのバランスが崩れて、皮脂の過剰分泌を招きます。

 

その結果として、鼻が黒ずんでしまうということも少なくありません。

 

以上のように、鼻の黒ずみの原因にはさまざまなものがあるので、自分に該当するものがある場合は、そこから改善していくようにしましょう。